STAR AXIS

アメリカ人アーティストのチャールズ・ロスがほんの少し立ち止まり、44年にわたって取り組んできたニューメキシコ州の砂漠の奥深くにたたずむ、裸眼で天体を観測できる展望台STAR AXISというライフワークについて考える。

アメリカ人アーティストのチャールズ・ロスがほんの少し立ち止まり、44年にわたって取り組んできたニューメキシコ州の砂漠の奥深くにたたずむ、裸眼で天体を観測できる展望台STAR AXISというライフワークについて考える。

夜は暗く、メサ(訳注:アメリカ南西部の乾燥地帯に多い卓上台地)には誰もいません。それでも、砂漠の上に広がる空には、星たちが明るく輝いています。1971年にアーティストのチャールズ・ロスをニューヨーク・シティのギャラリーからニューメキシコ州へと誘ったのは、まさにこの空間的なダイナミクスでした。ロスは、過去49年にわたって取り組んできた「Star Axis(星の地軸)」という展望台の建設にふさわしい場所を探していました。

��当初は、この土地に私が求めるすべての要素があるかどうか確信が持てなかった」と4年間アメリカ南西部をくまなく探しまわったロスは語ります。「このメサを見つけたときは、天と地の境目に立てる場所にようやく出会えたと思った」。

Star Axis」は彫刻であると同時に科学でもあります。天文学との計算された関係性は、古代エジプトのピラミッドを想起させます。展望台は11階建で、幅は0.1マイル(約160メートル)。2つの部屋、147段の階段、ピラミッド、ピラミッドのアウトラインが砂漠の光に応じて移動する隣接の“シャドウ”フィールドといったおもに5つの要素で構成されています。これらはすべて緻密につながっており、訪れた人は時間と天体の動きの関係性を探究することができます。砂岩、ブロンズ、花崗岩、ステンレススチール、未加工の土で作られた巨大な建造物がメサの上にそのまま建っているのです。

「この作品は、地面から空に向かって建っているべきだ」とロスは言います。「そこにただ置かれたようではいけない」。

「この作品は、地面から空に向かって建っているべきで、そこにただ置かれたようではいけない」 - チャールズ・ロス