人々を温かく迎え入れるワークスペース

フリッツ・ハンセンでは、ワークスペースの魅力は美しくて機能的な高品質デザインによってさらに向上すると信じています。最高級素材からつくられたフリッツ・ハンセンの洗練されたオフィス家具のコレクションがあなたの創作意欲を掻き立て、最高のパフォーマンスを引き出します。

未来のワークスペースを再考する

かつてないほど重要性を増している良質なワークスペース。従来のものからインスピレーションに満ちたものへと変化を遂げた魅力的なワークスペースは、コミュニケーション、コラボレーション、独創性を育む場所です。美しさと機能性を追求してデザインされたワークスペースは人々のモチベーションを上げ、能力を最大限に引き出します。なぜなら、インスピレーションあふれるワークスペースは創作意欲に満ちた人々を育むからです。 次のレベルの働き方へ 私たちの働き方は変化しています。よりフレキシブルでカスタマイズされたワークスペースの需要も高まっています。オフィスを人々が働きたくなるような温もりあふれるクリエイティブな空間に変えるフリッツ・ハンセンの製品には、次のレベルの働き方を叶えるための現代のニーズが投影されています。

セシリエ・マンツ

デンマーク人デザイナーのセシリエ・マンツの世界は、クラフトへの愛情の上に成り立っています。

デザイナーとしてのキャリアを通じてマンツは、照明、陶器、ホームアクセサリー、家具デザインの分野において優れた才能を発揮してきました。マンツは、シンプルさという北欧デザインの伝統とモダンで国際的な表現を結びつけることに常に重きを置いてきました。

マンツのワークスペースには、作品に対する彼女のアプローチが投影されています。コペンハーゲンに位置するアトリエで彼女は、細心の注意を払いながらデッサンを描くことからはじめ、アトリエの地下のワークスペースで形づくりを行います。

「この空間は、私の作品のホームです」とマンツは言います。「創作活動に最適な空間をつくることが私のねらいです。目に見えるものはすべて、作品のためのツールです。私が考える独創性とは、しかるべき状態を整えることです」

マリー=ルイーズ・ホストボ

マリー=ルイーズ・ホストボは、20年以上にわたって建築とデンマークデザインが交差する場で活躍してきました。フリッツ・ハンセンのデザイン部門責任者に就任したホストボは、コレクションの戦略的キュレーションとプロダクト開発に取り組みつつ、生涯にわたって楽しむことができる卓越したデザインという、フリッツ・ハンセンのレガシーを形成しつづけます。

ホストボは、優れたワークスペースの重要性を誰よりも理解しています。優れたワークスペースとは、独創性を発揮させると同時にコラボレーションを可能にし、インスピレーションを与えてくれる場所です。「会話は、美しい空間で交わされることに越したことはありません。それに、美しい空間は独創性を高めてくれます」と彼女は言います。コペンハーゲン郊外にあるフリッツ・ハンセン本社のホストボのオフィスは、彼女の好みやニーズを反映するべく丁寧にキュレーションされています。

床から天井まで広がる窓からウッドのアクセントなど、ホストボのオフィスは色彩、名作デザイン、パーソナルなディテールにあふれています。

オックスフォード

洗練されたデザインの象徴ともいうべきアルネ・ヤコブセンのオックスフォードが原点に立ち返ります。すっきりとしたデザインが、オリジナルモデルに敬意を表しながらも座り心地の良さとフレキシビリティという現代の働く人々のニーズに応えます。オックスフォードは、時代を超えて愛されるその美しさとともに魅力的なワークスペースをつくる際にデザインと機能性の連携がいかに重要であるかを最もよく物語っています。

デザインを詳しく見る

頼れるデザインレガシー

フリッツ・ハンセンは、次のレベルの働き方を叶えるための美しく洗練された機能的な製品を提供するという揺るぎないコミットメントを通じてモダンデザイン界において独自の地位を築きました。未来に目を向けながら、私たちは今後も革新的な家具づくりを探求し、最高級家具づくりのノウハウ、新しい技術、よりサステナブルな素材を集結させることでお客様に最高の製品をお届けします。私たちのレガシーは、ただ寄りかかるためのものではありません。私たちを前進させ、改善し続けるための原動力なのです。


プルラリステーブル

控えめでありながらもモダンで洗練されたキャスパー・サルトのプルラリステーブルは、毎日の作業のためにデザインされたフレキシブルなテーブルです。一人用のワークステーションから広々とした会議テーブルへと姿を変えることができます。ほぼ無限に延長できるテーブルトップの幅と奥行きのバリエーションとともにスタイリッシュなシルエットがあなたの仕事のニーズに応えます。

デザインを詳しく見る

キャスパー・サルトとのインタビュー

キャスパー・サルトがフリッツ・ハンセンのためにデザインしたプルラリステーブルがどこまでも延長可能なデザインにリニューアルされました。クラシックな表情と最高品質の素材を備えたフレキシブルなテーブルは、マルチに活躍する書斎机、ゆったりとしたダイニングテーブル、さらには優雅なミーティングテーブルとして職場はもちろん、自宅のニーズにも応えます。受賞歴を誇るデザイナー、キャスパー・サルトがリニューアルされたデザインと人々を温かく迎え入れてくれるワークスペースの重要性について語ってくれました。

プルラリステーブルの着想源について教えてください。

プルラリスは、木挽き台からインスピレーションを得ています。木挽き台とは、家具職人や工芸家が木材などをのこぎりでひいて用材に仕立てるための実用的なオブジェです。プルラリスは、テーブルの両端にあるふたつの「木挽き台」で構成されており、これがテーブルトップを支え、延長可能なデザインが実現しました。静けさに満ちた全体的な見た目と外に向かってカーブする脚が、人々を温かく迎え入れてくれるやわらかなデザインを生み出しています。私はこれを「ソフトアプローチ」と呼んでいます。

プルラリスのどのようなところがリニューアルされたのですか?

私たちは、もっとゆったりとしたテーブルをつくりたいと思っていました。そのためには、さらなるサポートが必要だったのです。新しい脚がデザインされたのは、まさにこのためです。サポート部分は、木挽き台の既存の脚と美しく溶け込みながらも、さらなる安定性を提供できるよう設計されています。

フレキシブルな機能性

フリッツ・ハンセンでは、現代のワークスペースのための洗練されたデザインは一人ひとりのニーズに合ったものであるべきだと考えています。色、素材、形のバリエーションからさまざまなレベルのカスタマイズを可能にすることで、私たちは革新的な機能性とフレキシビリティによって形作られたオフィス製品をつくり続けます。

長く使うためにデザインされた製品

世界屈指のデザイナーたちとのコラボレーションの歴史を誇るフリッツ・ハンセンの家具は、世代を超えて長く使えるようにとデザインされています。私たちのデザインにおいて耐久性は必須条件なのです。