ピエロ・リッソーニ 1956年-

人間のためのデザインはしても、特定の機能や目的のためだけのデザインはしない、というのがリッソーニのデザイン理念です。

バイオグラフィ

ピエロ・リッソーニは、ミラノ工科大学で学位を取得したイタリアのデザイナーであり建築家です。1986 年のスタジオ・リッソーニ設立以来、 リッソーニはボッフィ、カッシーナ、カルテル、リビングディバーニ、 フロスなどの一流デザインブランドとコラボレートし、家具や照明のデザインを幅広く展開しています。 リッソーニのプロジェクトでは、ホテルやオフィス、ショールーム、ヨット、個人住宅などのトータルデザインが多く見られます。彼はオブジェからだけでなく、アルネ・ヤコブセンやポール・ケアホルムといったデザイナーからもインスピレーションを得てデザインしています。 ピエロ・リッソーニのデザイン哲学は決して特定の機能や目的のためにデザインするのではなく、人類のためにデザインするというものです。 フリッツ・ハンセンはピ���ロ・リッソーニによるデザインのリッソーニシリーズを 2006 年に、モジュールソファシステムのアルファベットソ ファシリーズを 2008 年秋に発表しました。