ニコライ・ウィグ・ハンセン

アートとデザインは常に、ニコライ・ウィグ・ハンセンの人生の重要な一部でした。生来の好奇心と創造への強い欲求、そして大きな熱意を持っていた彼は、自身がデザイナーになることを確信していました。

バイオグラフィ

術的な家庭で子供時代を過ごしたことは、彼のデザインへのアプローチに大きな影響を与えました。彼の母親は優れた陶芸家であり、父親は世界的に有名な画家であり彫刻家であるスヴェンド・ウィグ・ハンセンです。アートとデザインは常に、ニコライ・ウィグ・ハンセンの人生の重要な一部でした。

生来の好奇心と創造への強い欲求、そして大きな熱意を持っていた彼は、自身がデザイナーになることを確信していました。彼は弱冠26歳にしてデザインオフィスを設立し、自身のニーズや要望に基づき様々なプロジェクトを手掛けてきました。

光は常に彼の興味の対象でした。彼が光に対して関心を持ったのは子供時代にまでさかのぼります。彼は、日が沈むと家の壁に掛けられた数々の絵画がランプの光だけでは見辛くなることに気付きました。光と闇は日常生活の一部であり、機能的な照明が必要不可欠です。