モニカ・フォルステル

スウェーデン人デザイナーのモニカ・フォルステルは、機能的なデザインに詩的なひねりを利かせるという強みを持つことで世界的に知られています。

バイオグラフィ

1966年生まれ。強く、シンプルで詩的。これが、モニカ・フォルステルの作品を説明するのにふさわしい表現です。スウェーデン人デザイナーのフォルステルは、詩的なひねりを利かせたモダンで機能的なデザインを生み出すことで世界的に知られています。

モニカ・フェルステルは早い時期からごく自然にデザインに関心を持つようになりました。彼女のデザインの才能と創造力は、スウェーデン二大デザインスクールのベックマンズとコンストファック在学中に一層の高まりを見せました。彼女の才能はすぐに認められ、1999年にモニカ・フェルステル・デザインスタジオを設立しました。

モニカ・フォルステルの新しい手法、素材の組み合わせ、技術に対する好奇心は無限大です。デザインプロセスの一環として、彼女は小さな3Dペーパーモデルを作成します。この直感と触感を伴う作業プロセスを通して、彼女は必ずしも元のデザインアイデアにはなかった想定外でユニークな可能性を試す機会を得ています。コンピューターで生成された画像では、3Dペーパーモデルとは対照的にすべてが完璧に見えてしまうというのが彼女の見解です。

フリッツ・ハンセンのためにデザインした自身初のランプシリーズは、子供が持つ想像力に触発されて誕生しました。彼女は子供たちの先入観のない視点、無限の想像力、そして独自のファンタジー世界を創造する能力に魅了されています。