KiBiSi

建築作品と工業デザインで知られるビャルケ・インゲルスとKiBiSiは、デザインに対して概念的にアプローチしています。

バイオグラフィ

KiBiSiは、ラース・ホルム・ラーセン、ビャルケ・インゲルス、イエンス・マーティン・スキブステッドの3人で構成されるデザインユニットです。彼らは2009年にデンマークでKiBiSiを設立する以前から断続的にコラボレートをしていました。このパワフルなユニットは、Kilo Design(Ki)、BIG architects(Bi)、Skibsted Ideation(Si)という個々に成功を収めたデザインオフィスと設計事務所の相乗効果を完璧な形で活用したアイデア主導のデザイングループです。今日、KiBiSiはスカンジナビアで最も影響力のあるデザインユニットの一つと考えられています。 グッドアイデアに動かされて 妥協のない優れたアイデアを好むKiBiSiの創設者たちは、オリジナルのアイデアを明確に伝える、誠実かつ実直で気の利いた製品を提供するために常に努力しています。また、彼らはさまざまな分野を融合した要素の可能性を探り、革新的かつ機能的で美的なソリューションを生み出しています。 統合的照明デザイン KiBiSiは包括的視点と建築的思考に基づきフリッツ・ハンセンのための照明デザインに取り組みました。結果として、意外性と明快さを備えた作品が誕生しました。映画への関心を共有する彼らは、映画の世界を作品とその作品名のインスピレーショナルテーマとして、またデザインのアイコン性を際立たせるテーマとして選びました。