ヨーン・ウツソン

シドニー・オペラハウスを設計したデンマーク人建築家のヨーン・ウツソンは、人目を引く彫刻のようなランプシリーズをデザインしました。

バイオグラフィ

人のために物を作る。これはデンマークを代表する建築家ヨーン・ウツソンの根源的なテーマです。彼は1942年にデンマーク王立芸術アカデミーを修了した後、ヘルシンキのアルヴァ・アアルトスタジオなどで才能をさらに伸ばします。また、スタジオでの経験に触発されたウツソンは、人、自然、環境を尊重しながら、建築的で有機的な空間を創造する能力を徐々に高めていきました。 ヨーン・ウツソンは、音楽と光の間に確かな類似点を見出しました。どちらも感情を感じるために重要です。彼はランプをデザインする際、光がその用途に関わらず部屋の雰囲気を常に高めるものになるよう努めました。彼がデザインしたペンダントランプ、コンサートからは、シドニー・オペラハウスとの強い繋がりが感じられます。この繋がりは、照明デザイナーであり、国際的に高い名声を博した建築家であるヨーン・ウツソンのデザインを完成させるものでもあります。