ハイメ・アジョン

アジョンのスペイン人としてのバックグラウンドとユーモアのセンスは、ラウンジアイテムからダイニングチェアまで、彼が創り出すものすべてに内在しています。

バイオグラフィ

スペイン人アーティスト兼デザイナー ハイメ・アジョンは、1974 年マドリッド生まれのスペイン人アーティストでありデザイナーです。フランコ没後、フレッシュかつダイナミックな国として成長するスペインで、自由な空気の中アジョンは育てられました。細やかさと大胆さを併せ持ち、さらには風変わりなイメージが差し迫ってくるような今日のハイメ・アジョンの作品が創り出されるベースには、彼が10代の頃に没頭したスケートボードカルチャーやグラフィティアートがあるといえます。 アジョンはマドリッドとパリで工業デザインを学んだ後、1997年にはベネトンによって創立されたデザインとコミュニケーションのためのリサーチセンター「ファブリカ」に加わり、高名なクリエイティブディレクターであり活動家のオリビエーロ・トスカーニと共に仕事をしました。彼が研究生というポジションからデザインの責任者へと抜擢されるまでには、さほどの時間を要しませんでした。それから8年後、人気に火がついたアジョンは、デザイナートイのコレクションに始まり、陶器や家具、インテリアデザインやインスタレーションへと活動の領域を広げていきました。

「家らしさ」とは

ハイメ・アジョンは多忙な人物で、特に一年の最初の数ヶ月を慌ただしく過ごしています。このインタビューの当時、彼はミラノサローネの準備のためにチューリッヒへ向かう途中、ウィーンにいました。その年のミラノではアジョンがフリッツ・ハンセンのためにデザインしたラウンンジチェア、フリチェアとダイニングチェア、サメンチェアを含む新製品が発表されるところでした。私たちはそんな彼を電話で捕まえ、彼が考える良いデザインと家らしさについて聞いてみました。

あなたが考える良いデザインとは何ですか?
良いデザインとは第一に長く使えるデザインです。デザインには何か主張があるべきで、それは私たちの生活の質を向上させる有意義なものでなければいけません。ただ、私にとってのデザインは機能だけではありません。デザインはフィーリングに作用するもので、それが私たちの感情やライフスタイルに刺激を与えるものであればいいですね。

どうすれば家具やデザインで「家らしさ」を感じる雰囲気を作りだすことができるでしょうか?また、こうした考え方はデンマーク人特有のものだと思いますか?
はい、そうだと思います。デンマーク人の家具デザインに対するアプローチは非常にユニークだと思います。また、自然への理解と家具デザインへの自然素材の取り入れ方が北欧の人たちには深く根付いています。木、石、革といった天然素材が使われている家具を取り入れることで、自然を家の中に持ち込む方法を知っているのです。これらの天然素材は自然と心地よい気分にしてくれるものですが、それはクラフツマンシップも同じで、包み込むような快適さをあなたに感じさせる張り地の家具には、細部の完璧な仕上げが施されています。デンマーク人はこの点で特に優れていると思います。