オックスフォードクラシック

オックスフォードチェアは、英国オックスフォードのセント・キャサリンズ・カレッジの教授用チェアとしてアルネ・ヤコブセンによりデザインされたチェアです。このチェアの滑らかに湾曲した背もたれは威信のシンボルであり、プライベートな空間をつくり出すものでもあります。オックスフォードチェアは時を経て、現在のオックスフォードクラシックへと発展しました。

STYLE WITH A PURPOSE

英国オックスフォードのセント・キャサリンズ・カレッジの 教授用の椅子としてアルネ・ヤコブセンによってデザインさ れたオックスフォードチェアが、名作のオリジナルデザイン を継承しつつリニューアルされます。優れた柔軟性と座り心 地を誇るオックスフォードチェアは、書斎のみならず、ダイ ニングルーム、会議室、公共スペースでも活躍します。

オックスフォードチェアの原点回帰。リニューアルされたモ デルには、優れた座り心地とクラフツマンシップを兼ね揃え たクラシックな仕事用の椅子を実現するための現代の技術が 注ぎ込まれています。ローバックとミディアムハイバックの 2展開という従来のシルエットはそのままですが、さらなる 座り心地の良さを求めて腰部のサポートを改良したミニマル なデザインに仕上がっています。

広さをプラスした新しい座面は、より自然な体勢で座ること を可能にします。改良されたチルト機能とシートの高さ調整 機能は、さまざまな体型や用途に幅広く対応します。角度が 最適化されたアームレストは、テーブルトップの下にきれい に収まるデザインです。新たに加わった4スターベース (シート高さ固定式)を含む豊富なベースのバリエーション として幅広い種類のフィニッシュもご用意しているため、カ スタマイズも可能です。新色のレザーとファブリックの張り 地がミニマルなデザインを引き立て、ご自宅のプライベート な空間はもちろん、オフィスや公共の場所にも良くフィット します。