プフ

追加で座��場所が必要な時や、ゆっくりとリラックスしたい時には、洗練されたプフが最適です。セシリエ・マンツによりデザインされた美しく機能的なプフは、くつろぎと居心地の良い雰囲気を空間にもたらします。

バイオグラフィー

芸術家を両親に持つセシリエ・マンツは、幼少期に彼らの作業場でデザインの世界に出会いました。彼女のキャリアは1992年からのデンマーク王立美術院での修学に始まります。ヘルシンキ芸術デザイン大学での一学期間の留学を終えた後、マンツは自身の会社を設立し、以来そのスタジオを中心に活動しています。

昔ながらの仕事へのアプローチ 
デンマーク人デザイナーのマンツの世界は、自身のアートへの愛を中心に展開しています。彼女の作品の名前の多くは彼女が憧れる創造力へのオマージュです。コペンハーゲンの自身のスタジオで紙に絵を描き、地下の作業場で造形をし、常に一人で制作活動をする彼女の仕事のスタイルは、ある意味昔ながらのものだと言えるかもしれません。

「私はすべての作品を1つの大きな進行中の物語の断片として捉えています。プロジェクトは時と機能を超え、そのアイデア、素材、美意識から結び付けられ、関連付けられます」とマンツは語っています。

マンツは照明や陶器、インテリアアクセサリー、家具のデザインといった仕事を通して自身の完璧なデザイン能力を示してきました。彼女はスカンジナビアのシンプルなスタイルにモダンで国際的なスタイルを融合することを常に重視しています。彼女の作品は「形態は機能に従う」という哲学を守りつつも、そのデザインに穏やかな美しさを備えています。控えめでありながらもそれらの作品はその芸術的スタイルで世界に存在を示しています。