セブンチェア

アルネ・ヤコブセン

3207, Armchair, Fully Upholstered

仕様
3207 - フルパディング, Divina Melange, Light Grey Divina Melange, Chromed Steel 3207 - フルパディング, Divina Melange, Light Grey Divina Melange, Chromed Steel
« 戻る プリント Facebookでシェア

Fully upholstered

  • Divina Melange
  • 120 - Light Grey Divina Melange
Texture sample » 変更

Base

  • Chromed Steel
Texture sample » 変更

JPY 176,040Incl. 8% VAT

仕様

セブンチェアは、メープル、ビーチ、アッシュ、チェリー、オレゴンパイン、エルム、オーク、ウォルナット、ダークステインドオーク、フルダークステインドオークの10種類のナチュラルウッドと、カラードアッ シュとラッカーの2種類の塗装仕上げがある成形合板の椅子です。布または革のフロントパディング、あるいはフルパディング仕様、アーム付きのモデルもあります。

フルパディング

デザイナー: アルネ・ヤコブセン

詳細 アルネ・ヤコブセンとフリッツ・ハンセンとの最初のコラボレーションは1934年に遡ります。1952年にアリンコチェアが、1955年にセブンチェアが誕生したことで、アルネ・ヤコブセン、フリッツ・ハンセンという名前は、家具・デザイン界に大きく知られることとなりました。アルネ・ヤコブセンは建築家でもあり、デザイナーでもあります。アルネ・・ヤコブセンは、1950年代の後半に、コペンハーゲンにあるデザインホテル「SASロイヤルホテル(現ラディソンブルロイヤルホテル)」を設計しましたが、エッグチェア、スワンチェア、スワンソファ、3300シリーズはこのプロジェクトのためにデザインされました。かつても今もアルネ・ヤコブセンは際立ったデザイナーとして賞賛されています。

写真

すべてを見る

fritzhansen.com はCookieを使用しています

fritzhansen.comではユーザー設定についての情報を保持するためにCookiesを使用しています。
fritzhansen.comの閲覧により、Cookiesの使用に同意したこととなります。